粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない

アクセスカウンタ

zoom RSS 新緑の月山を疾走す

<<   作成日時 : 2012/05/22 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の日曜日
朝起きると久々にすんばらしい晴天。
ならばバイクだっ!

中新田に向かう道でチャリが走ってるが人がいない!!!!!
無人の自転車が走ってるっ!こ、怖!!。
以前、TV番組で見た無人で走る原チャで覚えた戦慄が背筋を走った。
が、結果これでしたわ。
あーーーー、びびったぁ。

それはさておき
鳴子の峠を越え、最上に入ると其処はちょっとしたアルプスの風景。
谷筋に残った雪渓がアルプスの様な景色を見せてくれます。
GUZZIに乗るのが気持ちいいので写真撮りませんでした。
来年見に行ってくださいね。

晴天に誘われて車の多い酷道47号線で我慢の走りが続きます。

清川に入り県道45号からが快走ルート。
GUZZI的に気持ちいいペースで流します、。

この時期は田植えの季節。此処清川でも田植えの真っ最中。
御百姓さんの邪魔にならない程度に走ります。

県道47号で羽黒山。
やや大味なコーナーを抜けて行くと羽黒山の大鳥居に出ます。
画像

ここで周囲を見回す。
右に鳥海。
画像

左に月山。
画像

そこでふと思った。
なぜ、ここに羽黒山神社があるのか?
山岳信仰の聖地である鳥海山と月山がどちらも遥拝出来るから。
出羽三山。月山、羽黒山、湯殿山を指す。
月山は山体そのもの
湯殿山は湯そのものが御神体。
羽黒山は月山、鳥海山を遥拝するための装置なんだな。
そう感じました。
こうして昔からこの地の民は信仰を育んで来たのだな、と。
多分にコジつけですが強ちデタラメではないと思います。

さて、神代のロマンを感じた後には腹が減ります。
県道44号。広域農道とも言えるこの道も快適ロードです。
GUZZI的に非常に美味しい道であります。
この道を抜けて国道112号、六十里越街道の交差点にオキニの食堂があります。

『産直あさひグー』
やや脱力な店名ですが食堂の実力は中々。
私の好きな焼肉定食。500円なり。
画像

この味で500円は大したもの。農協の実力を発揮してます。
あと天ぷら定食と蕎麦も中々。
昼飯時は店内テンパって応対に刺が感じられますが、其処は察して上げれば結構パフォーマンスは高いお店です。

美味しい昼飯の後は国内有数のマウンテンロードを越えます。
本日は時間と資金の都合で通常の112号を走りましたが、欲言えば旧道の六十里越街道を行きたかったですね。
それは次回。

あと、月山湖辺りから抜ける県道27号で大江町に抜けるルートも結構お気に入り。
中々良い道です。
この道にあった柳川そばと柳川温泉が好きでした。
古民家を其の儘使った店の佇まいが好きだったのに新築してから魅力が半減。
以降行ってませんがその後どうなのでしょう?
ちなみに去年の大地震の後に柳川温泉の源泉が枯渇したとかで。
今は営業再開で安心。

だらだらとケーサツ関係を気にしながら国道347号まで抜けて鍋腰峠越え。
この鍋越峠も通年開通目指して拡張工事が続いてます。
昔の難所感ミナギル峠の風情がよかったのに・・・。
拡張されたら免許がヤバくなるじゃないか・・!

そんなこんなで9:30から15:00までの走りっぱなしツーリングも体も免許も無事で終了。
(実は去年磐越道で福島県警と友達になりました。2度と磐越は通るまい。)

で、我がSportCorsaの清掃をしながらプチ改を敢行。

iPhoneにNAVIアプリ(NAVICO)を導入したが電池の消耗が激しい。
な訳で電源の確保が課題であった。
自動車用のシガーソケットで仮設置。
画像

USB専用の回線もあるようなので後々改善するつもり。

正直、今年は寒さがキツい上に、膝をやっつけた為にバイクに乗る勢いが足りませんでした。
でもこのバイクは乗ると実に気持ちいい。
やっぱりバイクに乗ろう。
毎年そう感じさせてくれる。
今や決して速いほうではない。だがそこそこ速く、より気持ちよく走ってくれる。
それがこのバイクの魅力。

早く膝治して旅に出よう。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新緑の月山を疾走す 粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる