粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない

アクセスカウンタ

zoom RSS ぐっち維持り 暗い・・・

<<   作成日時 : 2013/05/06 17:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月の末、今回で初年度を含めて8回目の車検に臨んだ。
画像

初回以降は全てユーザー車検で通した。
毎回様々なトラブルで業者の皆様には御迷惑お掛けしてる次第だが果たして。

まずは結果からすれば何とか合格。

今回の問題点

1.書類の管理 
納税証明書が不明。通帳を見ると引き落とし履歴はあるが書類が見当たらない。
昼休みに市役所行って再発行して事無きを得た。

2.光量不足
今回最大の問題がこれ。直前でテスター屋さんで光軸調整頼んだら「光量足りないね。」
??バルブは2週間前に交換したばっかなのに、なぜ?
光量のゲージを見せられると明らかに不合格ライン。アクセルふかしてもギリギリのライン。
ま仕様がないので試験に臨む。1回目X。
どうすっかどうすっか悶々としていたがダメ元で2回目に臨んだ。
気が動転していたせいか2回目の速度計検査で間違って前輪で測定でX。この時点でもうヤケ気味。
件のライト検査。どうにでもなりやがれ!2回目の1回目変わらずX。2回目の2回目やけくそで6000回転以上。
ほぼアクセル全開。周囲からどよめきが起こる。
ちょっとアクセル戻した瞬間

  ○ !

努力が報われました!

さて、反省点。
一体何故光量不足が起こったのか?

1.ライトケース自体の劣化。
元々明るい方じゃなかったSportcorsaのヘッドライト。
昔むかしリフレクターが曇って見えた為馬鹿な事にコンパウンドで拭いてしまった。
勿論剥がれて黒々としてます、はい。ここで光量が出なかったのか?

2.バルブ自体
某南の海で買ったAbuなんとかの「高効率バルブ」。
期待して取り付けたが元々のバルブと対して変わらない明るさ。
調べると「135/145W相当」「HID4500k相当」等とか謳うヤツは大抵駄目らしい。

3.配線の劣化
10年ほど前に暗さ対策でいわゆる「リレーハーネス」を取り付けていた。
ただし、これで明るくなったかといえばそうでもないんだよなぁ。

で、対策としては

1.ライトケースの交換または改造
手持ちのスペアと交換が一番手っ取り早い。(じつはアプリリアRS50用)
または現状のケースを分解して再メッキにかける。
はたまた裏技だが、どうやらBMWのC1てスクーターのライトがほぼ同形状。しかもマルチリフレクター。
これをどうにかして入手するとか。

2.バルブの交換
HIDも考えたが改造に手間がかかる上、後付けだと信頼性が不安。値段も高い。
(安い支那製が溢れているが、敵国製品は出来る限り買わん!China&Korea freeを推進してます。)
高効率じゃなく高ワットのバルブに交換。
ただし余りに高Wのバルブにするとケースを痛める可能性があるので何か良い物がないものか?

新車で買ってから今回の車検で64.000kmになっちまいました。
最早旧車になった事を実感した今回の車検でありました。

交換前
画像

交換後
画像

んんんん・・・微妙な差だな・・・。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぐっち維持り 暗い・・・ 粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる