粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない

アクセスカウンタ

zoom RSS ぐっち維持り 旅のお疲れ

<<   作成日時 : 2010/05/14 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月5日
この4日間、約1000kmを走り終えた私の相棒。
流石に色々と疲れが見え隠れ。

リアブレーキランプが点灯しねぇ。

パーツリストを片手にお馴染みのRBに出向く。
いつも笑顔のI沢さんに問い合わせる。

「通常はスイッチとマスターシリンダーは別体ですから、スイッチの動作を確認すれば良いんですけど・・・。」

PLを確認した後のお話。
画像


「あの、nabeさん。これって油圧スイッチになってますね。マスターとスイッチが一体なんですよ。」
「なので、もし、不具合があればマスターの分解が必要ですね。」

家に帰りゴムブーツをめくり中を見ると
マスターシリンダーの上にサビサビのスイッチらしきものが・・・。
画像

尚且つ素敵な事にスイッチの2本ある端子の片方が錆切って折れておりました。

俺「これって素人が修理できませんよね?」
I 「う〜〜〜ん、ブレーキフルードを抜くか、ひじょ〜〜に早くぱぱぱっと交換すれば・・・。」
俺「じゃ、I沢さんお願い!」

I沢さん、宮城県北で一番Guzziを触るメカニックに成長しましたね(^^)
ぜって〜〜転勤させてなるものか!


スピードメーターが暗いのよ

旅の途中で当然トンネルに入る。
するとスピードメーターが暗いのよ。
まぁ、安全運転の私ですから速度計関係ないのですが、明かりが足りないのは不健康です。
な、もので再びI沢さんに球の見積もり。
画像

「nabeさん。これってホムセンで探した方が安いっすよ。」
I沢さん、よく解ってます。他所行っちゃ駄目よ

ところで電球交換していたら気がついた。
メーターを支えてる防振ゴムが崩壊しつつある!
画像

再度I沢さんの出番。
「あの〜、このパーツ見積もったんですが、1個ふあゆわ円します・・・。」
後日、棒サイトで調べると、恐らく同等品と思われる品が、ふあわ円で販売。
Guzziの部品単価は船賃で出来ている。
取り合えずアロンαで応急処置。これで結構恒久処置出来ちゃったりします。

サイドスタンド
サイドスタンドを払った時に受けるダンパーのゴムが限界に達しました。
画像

これはGuzziの部品の中では比較的良心的なお値段。
無くてもなんとかなりそうだが、無いと困りそうな部品。
気休めですがシリコングリスを塗ったくって一応保護。
画像

他のゴムパーツも総取替えの時期なんだろうか・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぐっち維持り 旅のお疲れ 粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる