粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない

アクセスカウンタ

zoom RSS ベガつえー

<<   作成日時 : 2012/05/20 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

picalのatussanから

「息子の年間チケット余った。ベガ観に行くべ!」
と仙スタに向かった。

途中端折ってキックオフ。
画像


今現在ベガルタ仙台首位です。
恐ろしい事です。地元としては嬉しいがホンマかいな?と思うこともしばしば。
かつ、「俺が観ると勝てない。」ジンクスの私が観戦して良いものか?という葛藤からベガ観戦は避けてきた次第。
しかし、FC東京戦をTV観戦したところ、なんと4−0の快勝。
ならば行っても問題あるめえ。おっそろしい事に今首位だし。
と言う訳で久方ぶりのベガ観戦となりました。

この夜のお相手は名古屋。グランパスです。
監督は言わずと知れた「妖精PIXY・ストイコヴィッチ」です。

ストイコヴィッチは私のアイドルです。
ストイコヴィッチと同じ空気を吸ってる感動・・・。
かのジーコ以来の感動を覚えつつ試合は始まりました。

前半の見所は左サイドの田中播麿と赤嶺のマッチアップが楽しかったですね。
その左サイドで甘いクリアーを見逃さなかった梁勇基のゴールで先制!
前半終了間際では赤嶺のヘッドをクリヤーしきれなかった名古屋のオウンゴールで追加点。

後半やや押し込まれる場面も増えたが決定的な場面は作らせず。
キーパー林の安定したプレーで危なげなく過ごす。
このまま逃げ切って欲しいと願った87分
右サイドを猛烈なドリブルで突進した太田のパスを受けたウイルソンの会心のゴール!
更には90分シュートのこぼれ球を詰めた菅井のゴールで4点目!!!!
最高のベガルタ観戦となりました。

過去、J1J2入れ替え戦でジュビロとのゲームを観戦しました。
危なっかしくて見ていられませんでした。
前田遼一に良い様にやられてた印象でした。
その時と比べれば明らかに強いです。今のベガルタ。
玉田、ケネディに仕事をさせてませんでした。

TVで見たFC東京戦で思った印象は間違ってませんでした。
ベガルタは強くなった。

某ちゃんねるでは
「八尾じゃね?」「朝鮮シフトか?」等等の意見が飛び交ってました。
しかしながら私が見た範囲ではファウルの数や内容はどっちもどっち。
例えば支那開催のアジアカップで見られた様な露骨なラフプレーってのは散見されなかった。
プロの試合じゃ許容範囲のプレーだったと思います。
それ以上にベガルタの安定した試合運びにちょっとした感動を覚えました。
これほどのゲームをできるようになったんだ、と。

このまま行って欲しいと思います。
しかしベガルタのパターンとして、

春飛ばす
夏タレて
秋覚める

というパターンなので夏をどうやり過ごすかが課題かと。
このままいって欲しいねー。

こんなすんばらしいゲームに御招待いただいた
atussannに感謝!です。

http://www.vegalta.co.jp/contents/schedule/league/2012/05/12.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベガつえー 粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる