粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない

アクセスカウンタ

zoom RSS ぐっち維持り もっと光を!・・・

<<   作成日時 : 2013/05/08 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

先日の車検で問題になったヘッドライト問題。
さて、どうすべぇか?

スペアのライトがあるから、これを改造してみようか?と。
クルマの世界ではヘッドライトケースを分解することを「殻割り」と称するようだ。
これをやってみようと思い立った。

色々調べると60度くらいのお湯に付ける。とか。
ダンボール箱ん中にぶち込んでドライヤーorファンヒーターで温める。とか。

私はどうしたか?
面倒くさいのでダメもとで赤外線ヒーターで暖めました。
画像

30年以上前のDENSO製赤外線ヒーター。未だ現役です。
期待してなかったが15分ほどして触ると「あちっ!」
素手では触れない位の熱さになってます。
ここら辺で境目のゴムが緩くなって外れるって言うのですが・・・。

は、外れない!

コジってもネジっても外れない。
じゃ、カッターでも差し込もうとするとパチッって音がして顔になんか小さな物が当たった。
なんじゃ?とライトを見るとカッターを差し込んだ箇所がごく小さくだが欠けているっ!
止めだ痛めだやめたっ!!!

で、結局反射鏡が大分マシな状態のRS50のライトケースに
先日入手した高Wバルブを付けることとした。
レイブリック サーキットクリヤー
画像
 高Wバルブの中でも穏健派のブツ。

バルブを取り付ける前に試しに元からあるケースのレンズをRSと比較。すると・・・。

曇ってやがる・・・。

光量が足りない訳が解りました。
曇ってスリガラス状態でした。

しかしながら反射鏡が剥がれている+熱で劣化してるので今回はRSのケースを使用。
ただし、レンズカットが右通行用に成っている為シムでライトの向きを左側に向けて対向車に向かないように対策。
で、組み上がった結果は。
某Abuバルブ
画像

サーキットクリヤー
画像

あ、明るい♪

今はまず夜走りはしないのですが田舎道のトンネルとか走ると結構怖かったがこれで一応解決出来るか?
今後は巷に溢れる「何々相当バルブ」は二度と信じるまいまい。

追伸
BMWC1のヘッドライトですが、マルチリフレクタータイプはドイツ本国や欧州+米国仕様など右通行用でした。
左通行用は当方のSport同様カットレンズタイプでした。残念。
ただ、現状のままでは車検対応できないので新品を入手せねばなりません。
RBでBMWとGuzziで相見積もり取って見るかその結果ではBMW専門の輸入代行で入手するか?
思案中であります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
自己レス
Motoguzziの純正では47500諭吉。
BMW純正はRBでは値段出ず。
輸入代行で商品価格現行€¥レートで¥12,500くらい。
送料込でも3万はいかないかな?
nabekoshi
2013/05/20 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぐっち維持り もっと光を!・・・ 粗にして野だが卑では無くバイク馬鹿でもない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる